宝くじの種類って何があるの?

宝くじと一口に言っても、いろんな種類があるのを知っていましたか?

私はあまり宝くじを買わないので、知りませんでした(^^ゞ

聞いたことのあるロトとかスクラッチとか、ちょっと調べてみたので、宝くじの種類についてまとめてみました。

宝くじの種類

大きく分けると、5つの種類があります。

  • ジャンボ宝くじ
  • ビンゴ5
  • ロト
  • ナンバーズ
  • スクラッチ

どれもテレビCMとかで聞いたことのあるものばかり。

では、ひとつひとつ見ていきましょう♪

ジャンボ宝くじ

ジャンボ宝くじはみなさんおなじみのアレです。

「ジャンボ宝くじ」の愛称で親しまれていますね♪

年に5回発売される、大型の宝くじです。

  • 2~3月ごろ発売・抽せん 「グリーンジャンボ宝くじ」
  • 5~6月ごろ発売・抽せん 「ドリームジャンボ宝くじ」
  • 7~8月ごろ発売・抽せん 「サマージャンボ宝くじ」
  • 9~10月ごろ発売・抽せん 「オータムジャンボ宝くじ」
  • 11~12月ごろ発売・抽せん 「年末ジャンボ宝くじ」

当せん額が大きいだけに、人気のくじですね!

ちなみに、平成26年は1等5億円です!!

前後賞で1億円

は~♡

当たってみたいものです(#^.^#)

ビンゴ5

ビンゴ5は、その名の通り、縦・横3マスずつ計9個のマス目のうち、ラインが揃ってビンゴになった数で当せんが決まります。

毎日購入可能で、抽せんは毎週水曜日に行われます。

1等の当せん金は約555万円(理論値)で、ジャンボよりは下がりますが、手軽にくじを楽しむことができるので、人気のようです。

ビンゴ5の抽せんは、ビンゴ抽せん機を使って行われます。

抽せん金額は、毎回号の発売額と当せん口数によって変動します。

これまでの、一口当たりの当せん金額の最高額は…

3,000万円!!

ん~、こちらのくじもなかなかいいですね~(^_^)

ロト

ロトは、自分で数字を選ぶ「数字選択式宝くじ」です。

  • 1~37の37個の数字の中から、7個の数字を選ぶ「ロト7」
  • 1~43の43個の数字の中から、6個の数字を選ぶ「ロト6」
  • 1~31の31個の数字の中から、5個の数字を選ぶ「ミニロト」

自分で数字を選ぶから、選ぶ楽しみもありますね♪

誕生日だったり、家族の誕生月を合わせたり、車のナンバーだったり、これまでの人生で運の良かった数字だったり、いろいろ考えられますね。

「ロト7」は一口300円。

「ロト6」と「ミニロト」は一口200円です。

毎日購入可能で、抽せんは毎週金曜日に行われます。

当せん金は…

  • 「ロト7」は最高4億円
  • 「ロト6」は最高2億円
  • 「ミニロト」は約1,000万円(論理値)

キャリーオーバーが発生した場合…

  • 「ロト7」は最高10億円!!
  • 「ロト6」は最高6億円!!

この、キャリーオーバー制が導入されているのは、日本では「ロト7」と「ロト6」だけなんです!

人気の高さはここからきているのかもしれませんね~(^_^)

ナンバーズ

自分で3ケタ、4ケタの数字を選ぶ数字選択式宝くじです。

  • 好きな数字3ケタを選ぶ「ナンバーズ3」
  • 好きな数字4ケタを選ぶ「ナンバーズ4」

いずれも一口200円

当せん金は…

  • 「ナンバーズ3」は約10万円
  • 「ナンバーズ4」は約100万円

ナンバーズの一口当たりの最高当せん金額は2,000万円です。

毎日購入可能で、抽せんは月・火・水・木・金の週5回行われます。

スクラッチ

スクラッチの大きな特徴は、買って削ったその場で当たりがわかること!!

宝くじ券面の、指定の場所を硬貨などで削って、出てきた絵柄・数字の並びなどが合っていれば、「当たり」!!

発売時期や期間、賞金条件は、回号によって異なりますが、原則毎日、全国の宝くじ売り場で、1枚200円~300円で購入できます。

当せん金は100万円だったり、500万円だったり、そのときによって違うようです。

ちょっとした時間つぶしや、運試しでやってみる人も多いようですね(^_^)

まとめ

宝くじの種類について、いかがだったでしょうか。

いざ、宝くじを買おうと思っても、種類が分からないと何を買ったらいいのか悩んでしまいますよね。

これらを参考にして、宝くじを楽しんでみてください♪

どうか、当たりますように~!!

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加