子どもの日(端午の節句)の由来と意味は?男の子の行事なの?

こどもの日5月5日は「子どもの日」ですね。

では、なぜ5月5日が「子どもの日」なのでしょう?

「子どもの日」なのに、なぜ男の子をお祝いするの?

そんな素朴な疑問を抱えたので、調べてみました。

私と同じように疑問に思ったのなら、ぜひ参考になさってみてください。

そして、子どもさんにも教えてあげられたらいいですね(^_^)

「子どもの日」の由来と意味。5月5日のワケ。

兜をつけた少年子どもの日は「端午の節句」とも言いますね。

この「端午の節句」はその昔、中国発祥の厄払いの儀式として行われていたものと、田植えをする女性のための日本古来の神事が結びついた季節の行事でした。

それが、江戸時代に五節句のひとつに定められ、男の子の行事として定着し、やがて昭和23年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日として「こどもの日」が制定されたのです。

「端午」の「端」は「はじまり」

「端午」の「牛」は「うまの日」

つまり月の「はじめ」の「うまの日」を言ったのですが「牛」は十二支で表すと「5月」になるので、最初は「5月のうまの日」に祝っていたのです。

それから5日になったのは、端午の「ご」と5日の「ご」が同じ発音だから。

語呂合わせで5月5日になった「こどもの日」

実はこの日に決まるまではいくつかの思案もあったようです。

桃の節句の3月3日がいいんじゃないか?

新学期始まりの4月1日がいいんじゃないか?

など。

しかし、3月3日は北海道などではまだ寒すぎる、4月1日は「エイプリルフール」と重なってしまい紛らわしくなってしまう、などの理由で却下されたようです。

そして戦後、5月5日は「こどもの日」として全国に広がっていったのです。

なぜ「こどもの日」なのに男の子をお祝いするの?

女の子と男の子「こどもの日」なんだから、男の子ばかりじゃなく、女の子だってお祝いされたいもの。

女の子も一緒にお祝いしないわけじゃないけれど、なんとなくメインは男の子?のように感じるのは私だけじゃないはず!

「鯉のぼり」や「兜」を飾るのは男の子のいるお家みたいだけど、どうして?

それは、上記のこどもの日の由来でも挙げたように、じつは元は田植えをする女性のための行事だったのが、江戸時代に男の子の行事となり、昭和にようやく男女の区別なく、こどもみんなのための行事となったのです。

時代の移り変わりで変化していったのですね。

ですから、男の子の行事のような感じがするのは、江戸時代の名残であり、今は男女関係なくお祝いしているようです。

女の子のお家でも可愛らしい鯉のぼりを飾ったり、保育園や幼稚園、小学校では、男女ともに折り紙で兜を折ったりしていますね。

だから、女の子でも堂々とお祝いしてもらいましょうね♪

以上、「こどもの日」の疑問、スッキリ解決できたでしょうか(^_^)

子どもに聞かれたら答えてあげられますね♪

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加